カマタユキのおさんぽ日和

おさんぽトラベラー・カマタユキの寄り道いっぱい日々徒然

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ラブ・アクチュアリー

IMG_0973.jpg
2003年 イギリス・アメリカ映画
12月のロンドンを舞台に、どこにでもありそうな平凡な愛の素晴らしさを、19人の登場人物の時間に重ねて綴る作品。英国首相役のヒュー・グランドをはじめ、豪華キャストが続々登場するのも楽しい!男女の恋愛だけではなく、色々な愛のカタチはどれもそれぞれに愛おしく。私的には親友の新妻に思いを寄せる画家が、彼女にメッセージを届けに来るシーンや、始まりとラストの空港の人々の映像にグッと来た。今年のクリスマスが今から待ち遠しくなる、素敵な素敵な2時間でした。




| 2018.01.04 Thursday (22:24) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
女の一生
IMG_0970.jpg
2016年 フランス映画
文豪モーパッサンの小説の映画化。両親に愛され不自由ひとつなく暮らしてきたジャンヌ(ジュディット・シュムラ)の、人生の移ろいを丁寧に描いた作品。不貞に走るダメ夫に傷つけられても裏切られても期待して待ち続ける彼女の姿は、時代は違えど似たような話はよく耳にするし、古今東西、万国共通ダワネ。変化すべきは他人ではなく自分自身であることに気付かないうちは、己れを取り巻く世界は変わらないのだろうな。19世紀に生きたひとりの女性の人生を通して、そんなことを考えた。@岩波ホールで2月2日まで上映中です。



| 2018.01.04 Thursday (00:52) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
her/世界でひとつの彼女
IMG_0969.jpg
2013年 アメリカ映画
近未来のロサンゼルスを舞台に、傷心の男性と人工知能型OSの恋を描いたラブストーリー。実態のない"サマンサ"に魅了されてゆくセオドア(ホアキン・フェニックス)に、そう遠くはなく現実になりそうな世界を見たような・・・不思議な余韻が残る作品でした。



| 2018.01.03 Wednesday (10:28) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
高台家の人々
IMG_0966.jpg
2016年 日本映画
人の心が読める"テレパス"の能力を持つ高台家の長男・光正さん(斎藤工)の王子様っぷりが、クゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!工くん見たさに、また見てしまうかもしれん。クゥーーーーーーーーーーっ!



| 2018.01.02 Tuesday (13:36) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
ハドソン川の奇跡
IMG_0964.jpg
2016年 アメリカ映画
2009年1月15日、マンハッタン上空で全エンジンが停止しハドソン川に着水した航空機事故。乗員乗客全員が無事生還した奇跡の実話の映画化。世間からの称賛とは裏腹に、国家運輸安全委員会からの厳しい追及を受ける機長サレンバーガー(トム・ハンクス)の苦悩する姿がリアル。事故があった時に我れ先に逃げ出した何処ぞの機長とは正反対に、最後まで機内に残り救助をする機長に涙。乗客は機長を選べないからね。見応えのある作品、必見です。



| 2017.12.31 Sunday (12:12) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
湯を沸かすほどの熱い愛
IMG_0961.jpg
2016年 日本映画
泣き過ぎてくたびれたー。双葉(宮沢りえ)も安澄(杉咲花)も素晴らしかった。聖母マリアのように大きな愛で人々を包む双葉のきれいな面だけでなく、人間らしい感情もきちんと描かれているのがよかった。ラストは意見が分かれるかもしれないけれど、双葉の周りの人々の想いが、あのようなお見送りになったのだろな。



| 2017.12.29 Friday (09:51) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
シェフ 三ツ星フードトラック始めました

IMG_0959.jpg
2014年 アメリカ映画
ストーリーもキャストも音楽も、すべて最高! カール(ジョン・ファブロー)の創る料理やサンドイッチのどれもが美味しそう! 観終わった時の満足感、そして空腹感、ハンパないです。




| 2017.12.17 Sunday (17:27) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
ギルバート・グレイプ
IMG_0733.JPG
1993年 アメリカ映画
アイオワ州の田舎町で暮らす24歳の青年ギルバート(ジョニー・デップ)が抱える、家族や兄弟への様々な想いや諦め、愛情など、繊細な日常がリアルに伝わってきます。ハッピーな映画ではないけれど、観終わった後に温かいものがじんわりと残る作品です。



| 2017.11.26 Sunday (19:19) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョー・ブラックをよろしく
IMG_0812.JPG
1998年 アメリカ映画
死期が近付いた大富豪パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)を迎えに来た死神のジョー(ブラット・ピット)が、パリッシュの愛娘スーザン(クレア・フォラーニ)と恋に落ちるファンタスティックなラブストーリー。するりするりと引き込まれ、あっという間に3時間。若き日のブラピも素敵だけれど、今の方が味わい深くて好きダワー。



| 2017.11.23 Thursday (20:41) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
ミッド・ナイト・イン・パリ
IMG_0882.jpg
2011年 アメリカ・スペイン映画
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)はパリ滞在中の深夜0時、旧型の黄色いプジョーに乗り込んでは1920年代へトリップ。ヘミングウェイやピカソなどの偉大な人物に次々と出会い、さらにトリップしてロートレックの時代まで・・・と、決してあり得ない展開だけれど、全く違和感なく、パリの街や雰囲気、古き良き時代をたっぷりと満喫できる作品。「どの時代へ行ったとしても、また別の時代に憧れるようになる。"現在"って不満なものなんだ。それが人生だから」と、本来の自分の時代(=現在)を選ぶギルの言葉が強く残った。監督はウディ・アレン。今すぐパリに行きたくなります。



| 2017.11.19 Sunday (17:20) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
RECOMMEND

 
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS