カマタユキのおさんぽ日和

おさんぽトラベラー・カマタユキの寄り道いっぱい日々徒然

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
永遠の0
IMG_0685.JPG
2013年 日本映画



| 2017.08.06 Sunday (22:58) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
ローマの休日
IMG_0679.JPG
1953年 アメリカ映画
誰もが知る名作を改めて観る。物語はもちろん、イタリアの街並みが楽しい。ジョーのアパートが素敵過ぎる。住みたい。



| 2017.08.06 Sunday (00:03) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
グーグーだって猫である
IMG_0651.JPG
2008年 日本映画
どちらかと言えば犬派ですが、グーグーが可愛らし過ぎたので、現在は猫寄り。我ながら単純だな。グ〜グ〜〜〜♪



| 2017.08.04 Friday (22:59) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
ターミナル
IMG_0778.JPG
2004年 アメリカ映画
母国のクーデターのためパスポートが無効になり、ニューヨークのJFK国際空港内から外に出られず、ターミナル内で暮らし始めたヴィクター(トム・ハンクス)の奮闘ぶりが最高!空港で働く人たちが次第にヴィクターを受け入れていく感じも最高!出会えて良かった、そんな作品。ドススメです。



| 2017.08.03 Thursday (23:06) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
フォレスト・ガンプ/一期一会
IMG_0737.JPG
1994年 アメリカ映画
トム・ハンクスが演じる純粋で無欲で心優しいフォレスト・ガンプに、すっかりココロを奪われました。アメリカの現代史と重ね合わせ描かれる彼の数奇な人生が、色々ありながらも愉快で温かな時間で良かった!と心底思いつつ。どっぷり作品に入り込んだ、豊かな2時間でした。



| 2017.07.30 Sunday (02:42) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
駆込み女と駆出し男
IMG_0684.JPG
2015年 日本映画
井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」をベースにした江戸時代の人情劇。どの時代の役でも、大泉洋さんはイイ味出しとります。ステキwww



| 2017.07.28 Friday (01:26) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
きみに読む物語
IMG_0774.JPG
2004年 アメリカ映画
とある男性がアルツハイマーの女性に読み聞かせる恋物語。展開的にこの2人の関係は予想がつきますが、それでも深い深い愛に涙してしまいました。奔放な娘と一途な青年が過ごす、1940年のノース・カロライナ州シーブルックの夏が美しいです。



| 2017.07.26 Wednesday (23:19) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
毎日かあさん
IMG_0756.JPG
2011年 日本映画
漫画で描かれている日常が、そのまま実写化されています。カモシダさんが亡くなり涙が止まらないサイバラさんを、子どもたちが笑わせようとおどけるシーンは、漫画でも映画でも号泣でした。先日“卒母”したサイバラかあさん、素敵です。



| 2017.07.25 Tuesday (00:03) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
セックス・アンド・ザ・シティ

IMG_0755.JPG
2008年 アメリカ映画
テレビシリーズは一切すっ飛ばして、初めて観ましたがおもしろいっ!恋に仕事に貪欲な4人の女性たちは、楽しみを共有して、ピンチには支え合う。女友達とつるむ機会がめっきり少なくなった今日この頃、彼女たちがちょっぴりうらやましかった。




| 2017.07.24 Monday (00:47) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
紙の月
IMG_0677.JPG
2014年 日本映画
銀行で働く1人の主婦が顧客の預金の横領を繰り返し、1億円まで使い込んでしまう。最初から最後まで梨花(宮沢りえ)の行動は、若い恋人のためではなく、全て「自分のため」だけに向かっていた事が、映画の間中感じたザラザラとした違和感の原因だったような気がする。'与えること'からしか得られない自分の存在価値、'与えること'による見返りへの期待・・・うぅーん。。梨花がアジアへ逃亡し、思いがけず'与えられる側'になるところで映画は終わる。色んな解釈が生まれるであろう作品。うぅーん重たい。モヤモヤする。。



| 2017.07.21 Friday (00:11) | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
RECOMMEND

 
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS